北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

東京で~理論の体感。。。

f0007580_23302238.gif
ブログ内に記載のある太極拳理論の体感を希望される方。。。
お問合せ下さい⇒ beijing-taiji@hotmail.co.jp
# by takeichi-3 | 2017-12-31 23:59 | 太極拳講習 | Comments(0)

雲手健康法。。。by傳清泉

f0007580_23563083.gif
雲手健康法。。。
以前にも紹介したことがありますが、、、
雲手の形が綺麗な~楊式の傳清泉老師バージョンがありました。




太極拳以外、少林寺などの外家拳でも重要な技~雲手。
簡単な動きですが、血圧や気血の巡りを整える~緊張を緩和するなどの効果がある。
両脚は肩幅の広さに開き~自然に沈む。
股(臀部)は固定して、手の動きに連動して上体を回す~目線と手(上)はズレないように。
重心、手が右に向かう時には右足に移り~左に向かう時には左足に移る⇒虚実の変化がある。
姿勢は中正(軸直)を保つ。
旋転により腰がほぐれ~血流改善、腰痛改善、心神を安定させる等の効果がある。
オフィスでも簡単に行える⇒立って行っても、座って行っても~大丈夫。
大体、1,2,3,4~なスピードで~二十回位を目安に。
# by takeichi-3 | 2017-11-23 23:57 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)

武術表演色々。。。

年末間近を感じさせる中国中央テレビの≪我要上春晩≫
大晦日に放映される春晚联会に向けてのオーディション。。。

★河南少林塔溝武校の表演。。。




★今年は、まだ登場していませんが、常連の山東莱州中華武校の去年の表演。。。




★北京に中国武術を学びに来たタイの青年と訪れる什刹海武校。。。
什刹海武校に隣接している劇場で公開されている功夫劇の練習風景を垣間見ることが出来ます。
親子連れ向き演目が多い什刹海劇場~地下鉄6・8号線開通。行きやすい場所になっています。


# by takeichi-3 | 2017-11-22 23:59 | 太極拳・武術動画いろいろ | Comments(0)

太極拳アライメント。。。肩部

f0007580_0184154.gif
昨日に引き続き~今日は、「肩」
肩関節は上肢の中で最も重要な関節。なぜなら、その可動域が大きいから。
肩関節の松開旋転により、腕手の動きも順じて転圏となる。

上体の力の伝達により腕手が動く(身領手)になるには、先ず、松開肩関節が要求される。

肩関節の松開は意識の先導によって行われる⇒鍛錬を積むことにより少しずつ進化していく。
先ずは、動作に習熟~それから、肩関節の松開&下沈肩垂肱などの太極拳の法則を、ゆっくりと意識を用いて身体に染み込ませ~それが自然に行える状態へと昇華させる。

初心者は、先ずは、全身放松の過程で、肩関節の松開を意識~練習時間が長くなるに従って、松開により体内を松柔に貫く劲が感じられるようになる⇒この劲を利用することが出来るようになると、手腕は「軽霊圓活」「柔軟沈重」な動きが可能になる。


★立身中正形成時のポイントともなる「肩井(足少陽胆経)」のツボには、肩凝り、頭痛、自律神経調整、血行改良などの効果があります~加えて、腎経のツボも同時にマッサージ。。。




★時間が無くても肩マッサージ~「胡蝶開肩」可愛い名称です。。。(#^_^#)




簡単な動作ですが、多くのツボを刺激しています。。。

f0007580_0164852.jpgf0007580_017498.jpg
# by takeichi-3 | 2017-11-21 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)

太極拳アライメント。。。頭部

f0007580_23474672.gif
太極拳練習では、正确な動作は不可欠。
初心者は、「先重形」「后重意」⇒先ずは、しっかりと正しい姿勢を追求⇒連環している動作の中でも処々、正確な姿態(姿勢)を保持し続けなければ、劲力の生産&運用は実現しない~そうですので。


★先ずは、頭部について。。。

①頭。
端正、平直⇒俯いたり左右に傾いたりしないように。
面部筋肉も自然放松。
頭は脊柱に連なっている⇒正中線と自然に連動⇒眼線は、手の動きを管理~前方を瞠る(眼神)⇒左右の耳で、均一に後ろの音を聴くようにすると、顧左右&心平気静が得られる。

②首と項。
太極拳で、特別に強調されている虚領頂劲。
頂劲の要求は、頭頂(百会穴)が軽く上に引っ張られるような~頭頂が縄で吊られているような~感じで頭が引き上げられている⇒かといって、項が力んで硬くなっているのは間違い~項は松展して「虚虚領起」となっている。

首項は端正に真っ直ぐ⇒松直~硬とはならないように⇒左右転動がスムーズに行われるようになる。
力みによって形成されている頂頚項だと頂劲が発生しない⇒頂劲が正しく行えると、沈肩などの下松沈劲が自然に生じ~湧泉、含胸抜背、尾閭中正(提肛)の連動によって気沈丹田が形成される。


★五臓排毒マッサージ~湧泉も含まれています。


# by takeichi-3 | 2017-11-20 23:51 | 太極拳理論 | Comments(0)