北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

白鶴亮翅。。。


f0007580_2375296.jpg

余りにも綺麗な映像だったので、パクってしまいました。

“白鶴亮翅”。。。
ふむむ。。。。(--)。。。

「丹頂鶴の舞」。。。お楽しみ下さい。


f0007580_23173690.giff0007580_23173690.gif

中国のサイトに、真剣に“白鶴亮翅”は“白鵞亮翅”を討論しているものがありました。

≪質問≫
白鶴と白鵞はどちらも大型の鳥類だけど違いは大きいような気がする。なのに、どうして“白鶴亮翅”は“白鵞亮翅”とも呼ばれているのだろう?

≪回答1≫
元々の名前は“白鵞=鵞鳥”白鵞が身体を揺すりながらトコトコ歩いている様は優雅に見えないことから、直ぐに“白鶴”に変わったようです。
武術には“鶴”を冠した名称が多数あります。例⇒虎鶴双行拳、白鶴拳、、、
拳式によっては、昔からの教えを尊重して“白鵞”と称しているものもあります。
けれど、やはり“白鶴”のほうが~。白鶴には高らかな声を上げながらダンスをする習性があります。この姿を模倣していると思う方が気持ちがよいのでは。。。
中国画には松鶴がモデルになることがあっても、白鶴がモデルになることはありませんから。

≪回答2≫
太極拳の要求は立身中正なのに、どうして鵞鳥のような動きに例えられるというの???

≪回答3≫
公園で丹頂鶴を見たけど、彼らの動きは“白鶴亮翅”そのものだった。。。

≪回答4≫
私が鵞鳥を観察しようと追い回したところ、彼らは真横に翅を広げるのがメイン。鶴の羽ばたきは上方向がメイン。そして、強く弾力性もあり方向をコントロール出来るからでは?

≪回答5≫
横開合、縦昇降、中丹田、心松緊、身虚実

≪回答6≫
楊式=白鶴、武式=白鵞
by takeichi-3 | 2009-02-06 23:49 | いろいろ | Comments(0)