北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

そういえば。。。富山トレビア


f0007580_233193.jpg
練習帰り。
懐かしい匂いに周囲を見回したら。
沈丁花が満開。。。

この花が咲けば、間もなく桜~♪


f0007580_2333848.jpg


今回、富山で購入した食料品。
どこのスーパーに行っても、
普通に昆布製品が多くて~。。。

調べてしまいました。(--)!


少し前まで、昆布の消費量日本一は沖縄でした。
長寿の島としても有名な沖縄ですが、昆布が沖縄の長寿に影響を与えているという一説もあり、昆布が優れた健康食材であることを裏付けるエピソードになっています。
昆布が採れない沖縄で、何故日本一になるような消費量が?

その理由はなんと「富山の薬売り」だというのです。
彼らは東北から九州の薩摩まで販路を広げてクスリを売っていました。その富山のクスリ売りが目をつけたのが、琉球が中国からもたらす漢方薬の原料です。琉球は中国から大量の漢方薬の原料を輸入していて、クスリ売りにとって貴重な漢方薬はノドから手が出るほど欲しいものでした。そこで富山のクスリ売りは薩摩を通じて、日本海ルートでもたらされる昆布を代価に琉球の漢方薬を手に入れたのです。

そして現在、昆布消費量日本一は富山になっています。
その富山でも昆布は生産されていません。なぜ富山に昆布が浸透しているのか?
江戸時代に日本海を往来した北前船によります。北前船は、富山から米や味噌を北海道へ運び、北海道で昆布やニシンなどを積んで帰港。さらに昆布は富山の売薬商人によって薩摩へ。そこから琉球、中国にまで運ばれ、昆布が運ばれた経路は、「昆布ロード」と呼ばれています。

昔、富山県の入善、黒部、生地方面に生まれた次男坊、三男坊はラウス昆布の産地である知床半島に出稼ぎに行っていました。現在でも知床半島の住民の御先祖様は富山県出身が半分以上を占めるとのことです。もともとは、出稼ぎの息子が、知床半島から親元のいる富山に昆布を送ったことが始まりとされているという説もあります。

富山の郷土料理ともなっている昆布料理。
昆布巻きかまぼこ、ニシンの昆布巻き、刺し身の昆布など。。。
f0007580_23324555.jpg
富山湾で新鮮な魚がとれるため、刺し身が食卓に並ぶことが多いのですが、食べ残した刺し身を昆布で包んで一晩寝かし、翌日もおいしく食べられるように工夫したのが昆布じめです。いまでは富山県民の半数以上が、『普通の刺し身より昆布じめのほうがおいしい』と感じ、7人に1人が週に1回以上は昆布じめを食べているという調査結果が出ていまするそうです。

そして、富山の昆布好きはそれだけにとどまらず、
「子供のころから、遠足や運動会のおにぎりといえばとろろ昆布おにぎりが定番。お茶うけやおやつにも昆布を食べるし、パン屋では昆布入り食パンや昆布入りナンも売っている。昆布入りのおかきや昆布入りのアメだってあるよ」(富山市の会社員)

※富山のスーパーで普通に売られている昆布〆刺身。確かに美味しかった~(o^0^o)Ψ
by takeichi-3 | 2009-03-12 23:34 | いろいろ | Comments(0)