北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

董海川。。。八卦掌創始者


昨晩、突然、学校のネットが接続不可になりました。(--)。。。

f0007580_7562654.giff0007580_7583226.gifで、改めて。
八卦掌創始者、「董海川」物語など。。。

八卦連環拳(略称:八卦掌)の創始者と言われているのは、董海川。
1797年10月13日生:1882年没。河北省文安県朱家坞人:幼い頃から武術を好み、各地に有名な老師を訪ねながら多種の武術を取得。完整された拳術の練習用套路を作り上げました。

董海川は故郷で殺人の疑いをかけらて北京に逃亡。宦官の家に素性(武術家)を隠しながら仕えた時、肃王(皇帝の親戚)の家で武術表演会が催されたことがありました。
武術家たちの見事な表演。蟻が這い出る隙間もないほど大勢の観客が犇めいている中、肃王にお茶を持ってくるように命じられた董海川は、片手に盆、片手に茶壷(ポット)を携えて、軽々と飛ぶように停まることなく近づいて来る彼を見て、

肃王は、
「お前も武術を嗜んでいるのか?」と、、、
「ほんの少しですが~」、、、
「では、この場で披露してくれ~」

左へ右へと翻る身体、音もなく敏捷な歩法、神出鬼没な変化を遂げる手法。
身体を右に左に回転させながら、ある時は高く(一丈)、ある時は低く(鷹が林に突っ込んでいくようなスピードで)、行雲流水、滔々と不絶な表演に観客は口をアングリ、静まり返って見とれていた。

「この拳は何という名前なんだ?」
まだ名前など考えていなかった董海川は、思いを巡らし「八卦掌」と答えました。

と。。。このような逸話が残っています。
以降、肃王府警護隊長となった董海川の名声は広まり、尹福や程廷華といった高弟たちにより発展を遂げていくことになります。f0007580_820398.gif
あ。授業に行く支度をしなければ。。。
by takeichi-3 | 2009-05-19 08:22 | 偉人たち | Comments(0)