北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

日本で太極拳。。。


f0007580_22332950.jpg
久しぶりに、日本で太極拳。
久しぶりに、いつものお寿司屋でランチ握り。

久しぶりに、顔を出したせいか、いつもよりもワンランク上のネタをサービスしてくれました~☆

f0007580_23395125.jpg
もう、十数年になるのでしょうか。
初めて北京太極拳合宿に参加した時に担当して下さった老師が、来日中。

昨年秋に会ったきり~、、、
老師の北京帰国は6月25日。
私は、6月27日に北京を後にするし。


按摩、気功、太極拳を根底で繋げている中国文化~という話題になり。
「漢字というのは実に奥が深いもので、同じ文字であっても、小学生、中学生、高校生と生活体験などで理解が刻々と変化する。」
「太極拳の“放松”とか、初心者と五年目、十年目と解釈が変わっていくのと同じですね。」
「漢字の内側には、長い時間をかけて育まれた中国文化(知識)が脈づいている。」
「今回の留学で中医に触れて、私もようやく中国文化の深さを感じることができました。」
「よく、“我会~(私は出来ている)”と言う人がいるけど、それは偽もの。太極拳を練習して五十年になる私でも放松の感覚はいまだに変化し続けている。きっと、これは永遠に完成することがないものなのだろう。それゆえに、永遠に楽しめるものだと思える。」

呉式の李秉慈老師も同じことを言っていたような。。。
長年に亘って太極拳を愛し続けてきた80歳近くになる老師の言葉。大切にしていきたいです。

中国中央テレビがオリンピック記念に制作した番組に、老師が出演している映像を発見。
http://blog.cctv.com/html/34/823434-96583.html
by takeichi-3 | 2009-06-06 23:53 | 太極拳 | Comments(0)