北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

太極拳、気功、中医。。。


f0007580_222655.jpg
スポーツクラブで太極拳インストラクターをしている友人たちが、自主トレをしているという場所へ。

渋谷区内、かなり人通りの多い公園。
こんな感じで、目立っていました。

来週からは、“新易筋経”の練習も始めます。


f0007580_22242084.giff0007580_22243726.gif
少し時間に余裕が出来始めたので、、、
太極拳、気功、中医の関連性などを調べてみました。

f0007580_2345495.jpg
≪内功≫は、伝統的武功法。≪気功≫は、養生功法。
この二つのいずれもが、導引吐納(呼吸)術を源流としていて、身体生理機能を強めることができる。

気功は、医療養生、病因除去を目的としている。
内功は、身体能力を強化して攻撃力を高めることを目的としている。

伝統的な功法である≪小周天=督脈、任脈ルートを利用した気の循環≫
f0007580_2347215.jpg
意念を用いて、
吸気を督脈(下腹内から始まり、会陰部に出て、後に向けて脊柱の内部に行き、項後側の風府に上がり、脳内に入り、 百会、前頭に沿って鼻背に下がる⇒28の穴位がある)に通す~

これを、二十四式の中の動作を利用して行うなら、
搂膝拗歩や野馬分鬣などの経過動作で後ろに下がる時、息を吸いながら、尾閭中間(=敛臀、立腰)となれば命門が開くので、自然に小周天運動が始まると~

by takeichi-3 | 2009-07-01 23:50 | 太極拳 | Comments(0)