北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

(#-"-#)。。。piki!


f0007580_22435276.jpg
日曜の公園、人口密度が高くなっていました。
太極拳老師のところにも大勢の生徒が。。。

そのせいか、老師はスポーツクラブのインストラクターのようにヘッドセットマイクを装着して指導していました。
f0007580_23163953.jpgf0007580_22535192.jpg

f0007580_22531037.jpg形意拳老師の生徒も増えていました。
中央、右側が老師。老師を訪ねてきた弟弟子の関永年老師とお喋り。生徒は、それぞれのペースで練習。後から呉式で有名な劉偉老師(かつては生徒だった)も~

劈拳に飽きて、老師に。。。
「他の形をやってもいいですか?」と大胆な発言。「いいよ~」と言われたので、近くの先輩に、「新しい型を教えて~」と言ったら、「劈拳を練習していれば充分!」と、、、(#-"-#)piki!

f0007580_23173476.jpg
piki!~を抱えながら、太極拳老師の元へ~
「今日の練習はどうだった?」
と聞かれ、子供のように一部始終を語ったら、、、
「劈拳が誰よりも上手いということは、その人は誰よりも強いということと同じ意味を持つのよ。」と、、、

「ん。」............ρ(. . )ρ(. . )ρ(. . )

今日の夕飯。
老師のご主人が作ってくれました。家庭料理の味付けは、塩も油も少なめ。健康的です。

心を入れ換えて、、、明日から劈拳に励みます。(--)!
by takeichi-3 | 2009-08-30 23:45 | 太極拳 | Comments(0)