北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

中華武術②。。。


f0007580_23532725.giff0007580_2353453.gif
昨日発見したyou-tubeの中華武術シリーズ。23までだと思っていたら~No.88までありました。
((((((^^;


少林寺、南少林寺、武当山武術、張三豊、太極拳、伝統散打、南拳、形意拳、ブルース・リー、黄飛鴻、ジャッキー・チェン、現代武術学校教育と盛り沢山。

その中、数人の民間(伝統)老師が個人で紹介されていて、“武人怪傑”と呼ばれている“章建華”が育てた五
常村の十八般武芸で使用されている武器の数々、日本では見かけないものが多く~数年前の国際伝統武術大会では金メダルを34も取ると快挙を成し、中国各地のテレビや新聞で紹介されたそうです。
五常村では6歳~90歳までの百人以上の村民が農作業の傍ら、毎日武術訓練を行っているとか~
いまだに、本来の民間武術(本来の武術の目的は、外的から家族を守るため)が息づいています。



これぞ民間!という感じの、“永昌堡王家拳”
養生も考慮されているという動き。厳しい訓練は精神修養にもなります。



武術学校での訓練風景。
文武のどちらも大切にしているこの学校の生徒たち、一般の武術訓練以外に学習、武術専門家コースがありレベルの高い大学への進学者も多く、就職先にも恵まれているそうです。

by takeichi-3 | 2009-10-05 23:54 | 太極拳 | Comments(0)