北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

五行と内家拳。。。

f0007580_2315199.jpg中国医学の基礎⇒五行(金木水火土)
金⇒秋、西、肺、大腸、鼻、弓歩
木⇒春、東、肝、胆、目、虚歩
水⇒冬、北、腎、膀胱、耳、歇xie歩
火⇒夏、南、心臓、小腸、舌、仆pu歩
土⇒土曜、中心、脾(膵)、胃、口、馬歩


太極拳の動作(套路)説明、原文では南向きに始まり~その後の方向を東西南北で説明しているものがあるのは、上記に則して養生を図っているからです。

楊式や形意拳の「爪先の方向は45度に~」や呉式の「手の方向は45度」のこだわりも脾(膵臓)の養生を兼ねているのかもしれません。
⇒飲食物(水穀)を摂取すると、胃がこれを「受納」し、腐熟(消化)し、その中の水穀の精微(「後天の穀気」:栄養物質)を、脾が肺に「運化」し、この水穀の精微と、肺が吸収した空気(天陽の気)とが結合して「宗気」が生成され、肺の「粛降」作用によって腎に送られ、腎で「先天の精気」と結合して人体の最も重要な気である「元気」となり、腎に「収蔵」される。

形意拳の、基本となる五行の攻防は「相克」で説明できます。
金(劈=斧)で木(崩拳)を切り倒す。
水(鑚拳)を土(横拳)が止める。

f0007580_23161021.jpg
相生
相手の要素を補い、強める影響を与えるもの。
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず⇒木は燃えて火になり、火が燃えたあとには灰(=土)が生じ、土が集まって山となった場所からは鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させる。
f0007580_23165748.jpg
相剋
相手の要素を抑え、弱める影響を与えるもの。
水は火に勝(剋)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ⇒水は火を消し、火は金を溶かし、金でできた刃物は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水の流れをせき止める、という具合に、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に影響を与え、弱める。


以前、李徳印老師が来日された時、
「太極拳を学ぶには、中国文化も学ばなければ~」とおっしゃっていましたが、、、
北京で、按摩・気功を学習したことにより、ようやくその意味が理解できるようになりました。
by takeichi-3 | 2010-01-31 23:54 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)