北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

水分補給。。。


f0007580_23163192.jpg
今日もまた、家ご飯。。。
出かけたついでに、手前の鶏を購入。
多分、紹興酒や薬膳系香辛料で煮込んだもの。

一羽25元(350円)。購入時に切り分けてくれます。
で、これを利用してジャガイモスープなど。
短時間で濃厚な味に仕上がりました。(o^0^o)Ψ
f0007580_2361049.jpg
今回の練習初日、
水をガブ飲みしても癒されなかった渇き。

ルームメイトのお土産用として持ってきたスポーツ飲料粉末を混ぜて(規定量の五分の一に薄めて~)飲むようにたら、効果絶大。喉の渇きがピタリと止まりました。<


人間の身体と水分の関係って?
●摂取する水の量と、排出する水の量
同じです。人間の身体は、水分の摂取と排出のバランスが取れるようにできているのです。
1日に摂り入れている水の量は、およそ2.5リットル。そのうち、飲み水による水分補給は1日1.2リットル程度が必要と考えられています。
摂り入れた2.5リットルは、そのまま1日の排出量となります。排出する水で一番多いのが尿、次いで汗ですが、ここでいう汗とは、自然に出ている「不感性」の汗のこと。だから、2.5リットルとは必要最低限の量であり、大量の汗をかくときは、もっとたくさんの水分を排出しており、その分、水分補給も増えています。それらの量を合計すると、人間は1年間に約1tの水を出し入れしていることになります

●男性と女性、水分が多いのは?
身体含まれる水の割合⇒健康な成人男性の身体の水分は約60%、女性は約55%。肌が乾燥しないよう気をつけているのは女性なのに、男性のほうがみずみずしいなんて、少し意外ではありませんか?
その理由は、男性のほうが筋肉組織が多いからです。筋肉の水分量は75~80%、脂肪組織は10~30%。ぶよぶよ太っている様を「水太り」などといいますが、肥満体の人は、やせている人よりも水分が少ないのです。水分量は年齢によっても変わります。赤ちゃんは80%もあるので肌がぷるぷるしていますが、加齢とともに減っていき、肌はかさかさしてシワが寄ります。

●どんな飲み方がいいのか?
水分補給の量や方法は、体質や体格、健康状態、他の飲食、気温や活動量などにより大きく異なります。1日に2リットルの飲水をすすめる健康法が多いようですが、必ずしも2リットルにこだわることはありません。
また、ペットボトルを持ち歩いて、少しずつ飲んでいる人を見かけますが、「少量ずつ常に補給しなくてはいけない」というわけでもありません(一気に大量を飲むのはいけませんが)。基本的には「飲みたいときに飲む」「のどが渇けば飲む」でいいのです。
でも、汗が流れるような状況のときは、意識的に水分補給をするくらいのほうが安心です。加えて、高齢者はのどの渇きを感じるセンサーが鈍くなってきているので、飲みたくなくても2時間ごとの補給を習慣にするといいでしょう。とくに暑い季節は気をつけてください。
by takeichi-3 | 2010-05-23 23:33 | いろいろ | Comments(0)