北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ラヴェンダーの咲く庭で

捜索願いを出していた荷物、郵便局で迷子になっていました。
到着までの間、ビデオ鑑賞。

マギー・スミス、ジュディ・ディンチという二人の名前だけで借りてきたDVD。
共にアカデミー&大英勲章の受賞者。爵位も授けられている、いずれも1934年12月生まれの英国生まれの名女優。外れる訳がない!と、、、

海沿いの家に寄り添って暮らす二人の老姉妹。
ある嵐の翌朝、海岸に打ち上げられていた一人の青年と暮らし始めたことから起こる様々な感情の移ろい。
第二次世界大戦中のイギリス、コーンウォールでの出来事。
バイオリニストとして有り余る才能を持つポーランド生まれの彼は、ナチの侵攻を逃れアメリカへ渡ることを願っている。
静かな暮らしの中に入り込んできた青年に波立つ妹の心。出来ることなら、いつまでも留めておきたい。。。

そんな日々が、押し付けがましさもなく淡々と語られていきます。
まるで小説を読んでいるかのように、行間を想像する余裕がある映画です。

それ故、観客の反応は様々なものとなるかもしれません。
“余りにも歳がかけ離れ過ぎている年下の青年に恋をするなんて・・・”、“いつまでも、ときめいていたい・・・”とか、、、

観客それぞれの人生の深さに応じた受け取り方ができる映画だと思います。

ラスト、恋が愛に変わることにより生まれる解放。
遠ざかって行く姉妹の後姿に、人は誰も、やむなく愛しいMONOと決別しなければならない時があるという想いが込められているような、、、

久し振りに、上質な映画を味わいました。
by takeichi-3 | 2006-03-24 23:08 | いろいろ | Comments(0)