北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

KJ音楽人生。。。


f0007580_23124872.jpg

最後の晩餐は、、、
トマト、茄子、ピーマン、オクラ、青唐辛子、ズッキーニなど、夏野菜満載のスパゲティ。

北京のレストランで食べるスパゲティ。
茹で上がりが柔らかくて“うどん”みたいな~
ので、、、(^^;


新しい作品ではありませんが、天才ピアニスト“黄家正”の幼年期(11歳)から現在(17歳)の姿を往復しながら展開されるドキュメント。

“人”となりたいと語り続ける彼。
同級生たちとの合奏時、
「僕は君たちに人生の豊かさというものに気付いて欲しいんだ。黒白を突破して彩りを~」と、、、
(これって太極拳と同じ。「“型=黒白”を覚えたら、内側の“彩色=充実”を」)

彼を指導する先生の教え方が独特で素晴らしい。
香港や台湾の映画祭で数部門の賞を獲得したというのもうなずける内容です。


by takeichi-3 | 2010-08-26 23:44 | 中国映画音楽 | Comments(0)