北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

目覚めの習慣。。。結んで開いて

f0007580_2325151.giff0007580_232611.gif太極拳老師からのメールに、形意拳老師が入院していると。。。
前回の北京。最初の形意拳練習時に久しぶりに会った老師と握手。
その時、老師の手が余りにも冷たかったので、
“どこか悪いんじゃないかしら?”と思いましたが、、、心配です。


今日はゴミ回収日。
かなりの量があったので、目覚めると同時にゴミ出し。
で、あれ~?と感じた身体の異変。手が氷のように冷たい。
通常、体温が高いこともあって、冷え知らずだったのに。。。
北京での練習に支障が出ないよう~捻挫を早く直そうと、毎日行っていた練習を休んでいたせいで血液などの循環が悪くなったとか~(--)???

「身体の衰えは、ある朝急にやってくる。」と、諸先輩が言っていましたが、、、
目覚めとともに、パッと起き出すのが危険な年齢になったのかも。。。Ρ(. . )

脳が目覚めた後、布団の中で身体を目覚めさせる必要があるのかもしれません。
⇒身体全体に血液を循環させる運動⇒足指、手指マッサージとか~どうでしょう。。。

「両手をすり合わせながら指も丁寧にマッサージ、足指を握って~開いて」を行い、最後に両手両足を伸ばしてストレッチ。。

手のツボ
手には、身体の全てが投影されています。
図で見れば一目瞭然。手の甲は背中に対応しています。
このように、手にあるツボは身体全体に繋がっているので、手を刺激すれば血行促進が図れます。
f0007580_2355195.jpg


足の裏は「第二の心臓」
心臓から送り出された血液は頭に昇り、全身を巡って足先に下りて行きます。
足先に下りた血液を再び心臓に送るのは足の役目。足は全身の血液の循環を良くする大事な部分なのです。しかし、足は心臓から最も遠いので、足の筋肉に刺激を与えたり、歩いて足を踏みつけることで、血液の循環を促進させる必要があります。
特に親指は頭に繋がっているので、ここを刺激すると脳内の血行を促してボケ防止に役立ちます。また、首の凝りもほぐしてくれます。
f0007580_23195415.jpg

by takeichi-3 | 2010-12-10 23:29 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(1)
Commented by DER at 2010-12-11 22:11 x
出発前のメールありがとうございました。キティちゃん重宝してますね。(^o^)あの時はちょうど東上線の友達の新居を訪ねていたところで、
店長のメールのキティちゃんを見て友達が私に上海出張土産を
渡すのを思い出したのでした。
それはキティちゃん付箋。上海蟹をかぶってます。

無事に北京に着きましたか?今日は比較的暖かったのに手が冷えていたとは気をつけないと。
しょうがを食べて身体を温めてください。