北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

天人合一。。。武当山

f0007580_22215460.giff0007580_22221038.gif

“天人合一”の思想で建造された武当山。
この環境が、
「内家拳の特性=養生」を育む要素となったと言われています。



武当山は、後漢の時代より道教信者がここに仙境を求めたといわれる理想郷であり、唐の時代に至るまで、多くの道教建築が建てられていましたが、元の時代の戦火によって消失・損壊してしまいました。
本来の名は“龍王山”

明の時代に、武当山で昇天した玄天上帝に対する信仰が厚かった永楽帝が玄天真武上帝を“北極正神”として祀るため1412年に、北京や江南各地から30万人近くの軍人や職人を集め武当山に遣わし建造。北京故宮の図面を元に、武当山に同じような建築物を造ろうとしていました。北京天壇公園にある「回音壁」と同じような反響効果を持っている「九曲黄河壁」もあります。明朝で、最も規模の大きい工事となりました。
史書には、「北に故宮、南に武当山を築く」と記されています。

十余年にも及ぶ工事を経て、天柱峰の金殿を中心に、九宮、八観、三十六庵、七十二岩廟を主とし、70キロの参道を中心線とした160万キロ平方メートルの中国最大の皇室の道観が完成しました。
その面積は、北京故宮の10倍以上あります。

この山で数十年の修行生活を送っている一人の老道士には、寄り添ってくれる相手がいます。
いつの間にか巣を作ってしまった密蜂を追い払いもせず、在るがままにさせています。
「彼らは私を守ってくれる友達。これもまた、自然ってことかな。自然そのもの。」
と。。。無邪気な笑顔を見せます。




南岩宮は切り立った崖に造られています。此処にある龍頭香の先端で香を焚くに命綱が必要。
龍頭香は、武当山で一番高い天柱峰頂に建造された“金頂”に向かって設置されています。
その景観には、ただ、ただ、圧倒されます。(^^;


by takeichi-3 | 2011-01-22 23:51 | 武術各派 | Comments(0)