北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

関羽。。。

f0007580_23112159.jpg

ドニー・イェン主演の新作映画≪関雲長≫の上映が、4月末に決まりました。5・1(労働節)休暇に合わせた公開。超大作です。

関羽(160-219年)
字雲長、本字長生。現在の山西運城市生まれ。
東漢末年(三国時期も含まれるという説もある)、劉備軍で最も力のあった武将。

面白いのは、その死後に民間での評判が高まり、
“武帝”“関聖帝君”“関亭君”“関帝”等の名称を与えられ、神格化されました。仏教界においては、守り神の地位を与えられています⇒伽藍菩薩。


数年前に高倉健が出演した、張芸謀監督がタイトルにした“千里走単騎”の元になった故事。
曹操が呂布を破った後、劉備は曹操を裏切って敗れ袁紹の元に逃げ去った。曹操の捕虜になった関羽を曹操は偏将軍に任命。礼遇しましたが、関羽が自分の処に留まる気持ちが無いと感じていた曹操は張遼を使ってその気持ちを探らせました。

関羽は、溜息をつきながら、
「曹公が私に対して良くしてくれるのは分っていますが、既に劉備将軍に生死を共にすると誓っているので裏切るわけにいきません。曹公の為に武功を立てた暁には、此処を去ろうと思っています。」
と語りました。

官渡の戦いで、関羽は敵将の顔良の旗印と車蓋を見ると馬に鞭打って突撃し、大軍の真っ只中で顔良を刺し殺して首を持ち帰りました。この武功に、“関羽は、劉備のもとに戻るかもしれない”と考えた曹操は関羽に過大な恩賞を与えてみましたが、関羽が受け取ることはなく、劉備の下へと去って行きました。その義に感動した曹操は、部下たちに「関羽を追いかけてはならぬ。」と命令しました。

民間に伝わったこの故事が元になって京劇の演目“千里走单騎”が創られたのです。

関羽が得意としていた武器は“春秋大刀”
“関刀”とも呼ばれているようです。


by takeichi-3 | 2011-01-27 23:54 | いろいろ | Comments(0)