北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

武術大会宣伝映像。。。

2009年から開催されている≪新唐人全世界華人武術大会≫の2011年版宣伝映像。
台北で始まり、ニューヨーク決選となるようです。




受賞者たちには賞金&武器が授与されるようです。
以前の、詳細説明映像。気合いが入った良い仕上がりだと思います。



【主催目的】
5000年以上の歴史をもつ中華武術。
古くは、一般の人々が身体を鍛える為に始まりました。
その後、戦争などによる侵略から身を守るための防衛として攻撃性が強まっていきました。
中華武術は中華文化の中でも重要な位地を占めています。習武者には武徳が無ければなりません。
初習者は辛い修行に耐え、また善行を積みます。
修心養性が武術のレベルを上げます。正邪を識別できることも“武”者の条件となります。
歷史的にみても、武術は仏道両家の多くの門派の修練の基礎となっています。

大陸(台湾から見た中国)では政治改革などの影響(思想、文化、風俗、習慣の四旧打破政策の項目に武術も含まれていた)から、多くの伝統武術が失われつつあります。受け継がれてきた技術を伝えられないままに世を去った伝統老師たちも多くいます。

この催しは、中華文武道德之伝統理念による伝統武術技術の復活と継承、発展を目的としています。


≪全日本武術太極拳選手権大会≫
開催に際して、こんな映像が作られる位メジャーになるといいですね。。。
by takeichi-3 | 2011-06-18 23:47 | 太極拳 | Comments(0)