北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

梨で養生~身体を潤す「冰糖梨水」。。。

スーパーの果物コーナー、梨が出盛りになっています。
秋になると、家庭で冰糖梨水(梨と氷砂糖の飲料⇒熱を除き肺を潤す効果有り)を作るという中国。

f0007580_22255469.jpg
【梨の効用と成分】
1.熱を取り、咳痰を止める⇒カテキンや糖アルコール。
2.血圧を下げる、利尿作用⇒カリウム。
3.便秘解消⇒食物繊維。
4.二日酔いに効く⇒タンニン。
5.疲労回復⇒アスパラギン酸、リンゴ酸、クエン酸。
6.肉料理の消化を助ける⇒プロテアーゼ。
7.美肌効果、記憶力、反射能力の向上⇒ミネラル。



冰糖梨水(梨と氷砂糖の飲料)の作り方。
原料:梨1個約600g、氷砂糖50g⇒好みの量、干白木耳10g、枸杞5g、あれば紅棗も

1.白キクラゲを戻し、根の部分を落してから適当な大きさに切る。
2.梨を洗い、核の部分を取り除いて適当な大きさに⇒皮は剥かない⇒皮に咳止め効果がある。
3.梨、氷砂糖、白木耳、枸杞を鍋に入れ~水2L位を加え、沸騰したら火を弱め40分煮る。

※暑い時には冷やして、寒い時には温めて。
※冷え症の人や、お腹を壊し易い人は控えめに。

ちなみに~白木耳の効用。。。
1.食物繊維は、食品中第二位。
2.カルシウムは、牛乳の2.5倍。
3.鉄分は、レバーの3.5倍。
4.ビタミンD2は、食品の中で第一位。

白木耳は黒木耳よりもカリウム・ビタミンB群・亜鉛・カルシウムが豊富に含まれています。
亜鉛は日本人には不足しがちなミネラル。不足すると味覚障害をひきおこすこともあります。
亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に必要な栄養素でもあり、免疫機能の強化、生殖機能を高めmasu.
抗酸化力もあり、過酸化脂質の発生を防ぐ⇒細胞の老化を予防。コレステロール酸化を防ぐので、動脈硬化を予防する働ききもあります。
by takeichi-3 | 2011-08-29 23:26 | いろいろ | Comments(0)