北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

中国で人気~日本の犬猫。。。

f0007580_22562336.jpg
北京に行く度に、一緒に食事をする中国人の友人が、
「今、中国で人気がある日本の犬と猫がいます。」と、
「???」
「猫は、一人暮らしのお婆さんと一緒に暮らしてます。」
f0007580_8281766.jpg「あ。あ。知らない。犬って、わさお?」
「いえ違います~確か、シュンスケ。」
(--)。。。

f0007580_8152066.jpgf0007580_818111.jpg


猫の名はフクマル。ミサオお婆さんの飼い猫。
伊原美代子さんの作品です。
そのブログ⇒http://blog.livedoor.jp/whitemanekicat/archives/1486472.html

62年前の冬。
ばあちゃんは花嫁衣装に身を包み、お月様が照らす道を牛車に揺られてお嫁に来ました。
じいちゃんと共に農業一筋で、戦後の混乱を生き抜きました。
85歳になる今日も青い空の下、白猫のフクマルと畑を耕しています。

野菜の種が芽を出せば、
『大きくなれよ~』と声をかけ、お日様には『ありがとう』と感謝を忘れません。
ばあちゃんの畑は虫や鳥がダンスして、毎日がパレードです。
辛い事があれば『口笛吹けば風が吹く』と風に乗せて大空へ吹き飛ばします。

ばあちゃんの姿は私にこう教えてくれます。
人は自然の中で日々死に向かって生きている。
かけがえのない大切な何かを失っても、どんな嵐がやってきても、幸せが溢れても、この日々はもう二度と無い一時一日、動じずにお日様の下を生きる事が出来れば、すべてが好日なのだという事を。
ばあちゃんは今日も、命という大輪の花を咲かせて私に見せてくれます。


そして、、、「俊介」、ポメラニアン。
豆柴風に毛を刈り込まれて~ぬいぐるみのようです。

中国タイトル⇒史上第一萌~狗


by takeichi-3 | 2011-09-30 23:30 | いろいろ | Comments(0)