北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

鋼的琴。。。

f0007580_23264244.jpg
久し振りに体育大学の学食で食事。
「イカとピーマン炒め」と思って頼んだら~
「イカと青唐辛子炒め」でした。


f0007580_23281421.jpg





そして、久し振りに食べた「万里」の豚カツ定食。
値上がりしていましたが、豚カツがお皿からはみ出るほどの大きさに~


テレビでは、明日行われる「金鶏百花映画祭」の前夜祭の模様が頻繁に報じられています。
チケットが多く売れた娯楽大作「让子弹飛」「趙氏孤儿」」などがノミネートされず、、、
本命視されている「唐山地震」。
観客動員が少なかったにも関わらずノミネートされた「鋼的琴」は、海外の映画祭での受賞もしている文革当時が背景となっている作品。

f0007580_23385810.jpg
「鋼的琴」
出奔した妻が戻って来て、離婚とともに一人娘を引き取ることを申し出る。
夫の陳桂林は同意せず、娘の意思を確認したところ、「本物のピアノを買ってくれる方につく」との答え。

薬を作って儲けている妻の恋人と違い、桂林にはとても本物のピアノを買う金は無い。
小学校から盗み出そうとしたものの、露見してこってり絞られる。
それでは自分で作るしかない。
桂林は今は冠婚葬祭に花を添えるアコーディオン弾きだが、実はかつては鉄工場に勤めていた。
ピアノも鉄でできているのだから、為して無理なことではないだろうと、、、


予告編。。。

http://v.youku.com/v_show/id_XMjEwNzgwNjA0.html

本編です。。。

http://v.youku.com/v_show/id_XMjkzNzgzODU2.html

中国国内で不評だった理由を、、、
「多くの人たちが通り過ぎてきた時代を扱った作品。観客たちにとって、想い出として懐かしむにはまだまだ現実味を帯び過ぎている時代に設定したことが、観客の興味を惹起しなかった。」
と論じている評論家がいました。
by takeichi-3 | 2011-10-20 23:50 | 中国映画音楽 | Comments(0)