北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

中医老師が語る八段錦。。。背后七顛百病消

f0007580_2332594.giff0007580_23334441.gif
北京中医薬大学「曲黎敏教授」の途中までしかUPされていなかった、≪八段錦≫が、ようやく最後までUPされました。




第八式≪背后七顛百病消≫
今までの動作(一~七式)によって、肝、腎、三焦などの鍛錬が終わり~最後の第八式には収功効果が含まれています。再度、気血の通りを良くして修正しています。

要点は、、、
足指で地面を掴む~足は、甲部、足裏、爪先、踵に分けられます~甲部には胃経が通っています⇒甲に痛みがあると胃気が不足~足裏には膀胱経が通っています⇒足裏真ん中の湧泉穴を経過~踵には腎経と膀胱経が通っています。

ですから、こんな風に爪先を上げる運動には経絡を通す効果があります。

膀胱経の通りをよくしたいなら、踵を壁に近づけて~壁を利用して爪先を上げる⇒ふくらはぎが緊張(膀胱経のストレッチ)⇒踵が壁に近いほど効果もあがります⇒初めはのうちはキツくても、少しずつ慣れていきます⇒この動作で一番刺激を受けるのは膀胱経です。

甲部を通る胃経の通りをよくしたいなら、足をこんな風な状態に~足裏は上を向きます。

今までの動作には、手首をこんな風に動かすものがありましたが、その意味は経絡の開閉。
手首を後ろに倒す⇒陰経を閉じている。手首を前に倒す⇒陽経を閉じている。

足首の曲げ伸ばしも経絡の開閉(マッサージ)。
足指で地面を掴み~ゆっくりと踵を上げる(胃・膀胱経のストレッチ)⇒下腹を収め、肛門を引き上げる=六腑の気の運動(昇・降・出・入)を促す。

≪七顛≫
腕は垂直に下して、、、
爪先で地面を掴み、少しずつ踵を上げて~少し停まって~放松~踵を落とす⇒弾みによって背中(脊椎)を振動させる。

一見、何でもないような動作ですが、要領を守って。。。
振動に至るには、、、足指で地面を掴む~踵を上げて~
先に述べたように、八段錦全ての動作は脊椎鍛錬の効果があります。髄を振動させる=督脈の通りをよくする⇒踵を上げた時、身体は、百会が頂となって真っ直ぐ~緊張~ゆっくり、放松して踵を下ろします⇒脊髄が振動⇒気血の運行バランスを整えます⇒五臓六腑を潤す=百病が消える。
by takeichi-3 | 2012-04-09 23:44 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)