北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

週末には中国映画。。。「10+10」台湾オムニバス

f0007580_2351314.giff0007580_2351314.gif
台湾金馬映画祭のオープニングで上映された記念オムニバス映画、
20人の監督が、「台湾特有」をキーワードにそれぞれ自由な映像に仕上げた5分の短編。




参加監督は、、、
侯孝賢(黄金の弦⇒スー・チーが出演)、王小棣(釈放)、王童(謝神)、朱延平(無國籍公民)、何蔚庭〈100〉、呉念真(有家小店叫永久)、沈可尚(到站停車)、侯季然(小夜曲)、張艾嘉(諸神的黃昏)、張作驥〈穿過黑暗的火花〉、陳玉勳(海馬洗頭)、陳國富〈初登場:テレサ・テンの初舞台の様子〉、陳駿霖〈256巷14號5樓之1〉、楊雅几西喆、鄭文堂〈老人與我〉、鄭有傑〈潛規則〉、蕭雅全〈有一好沒二好〉、戴立忍、鍾孟宏〈回音〉、魏徳聖(自身の作品「セデック・バレ」で主役を務めた台湾原住民林慶台を追ったドキュメント)と錚々たる顔ぶれ。

時代の変化、嘲笑、校内暴力、家族、青洲、メディアの力、歴史回顧、、歷史回顧等、人の温かさ、純愛、驚き、,風格則從溫馨、純愛、恐怖、ドキュメンタリー、荒唐無稽、ブラックユーモアなど、作風は多種多様。
by takeichi-3 | 2012-05-18 23:51 | 中国映画音楽 | Comments(0)