北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

手指マッサージの効果。。。

手部のツボを刺激して、体調を整えるための動きです。。。




簡単な動き~場所を選ばず、どこでも出来るので習慣にすると保健になります。

指にあるツボなど。。。

親指:少商(しょうしょう)⇒親指爪の生え際外側。の角から2mm位の斜め下。
手太陰肺経(肺、喉、鼻などの呼吸器を調整する経絡)⇒喉の痛み、頭痛、発熱、咳・喘息、鼻疾患、肩凝り

人差指:商陽(しょうよう)⇒人差指爪の生え際(親指側)の角から2mm位の斜め下。
手陽明大腸経(歯、食道、腸などの消化器官を調整する経絡)⇒耳鳴、歯痛、喉・顎の腫痛、肩や背の痛み、胃・十二指腸潰瘍、胃弱、歯痛。

中指:中衝(ちゅうしょう)⇒中指爪の生え際(人差指側)の角から2mm位の斜め下。
手厥陰心包経(心臓に関連し、冠動脈を調整する経脈)⇒眠気覚まし、心絞痛、頭痛、ショック、耳鳴。

薬指:関衝(かんしょう)⇒薬指爪の生え際(小指側)の角から2mm位の斜め下。
手少陽三焦経(ホルモンやエネルギーに関連があり)⇒頭痛、目翳、目充血、耳鳴聾、咽喉腫痛、肩や上肢がだるくて痛い、三焦の邪熱、吐き気⇒普段は刺激しない。

小指①:少衝(しょうしょう)⇒小指爪の生え際(薬指側)の角から2mm位の斜め下。
手少陰心経(血液循環、心臓、目の疲れに効果)⇒心痛、心悸、ストレス、イライラ、不眠。

小指②:少沢(しょうたく)⇒小指爪の生え際(外側)の角から2mm位の斜め下。
小腸経(栄養の吸収ち体液の調整に関連する経絡)⇒頭痛、目翳、耳聾、咽喉痛、鼻血。

八邪(はちじゃ)⇒指の股の上方。

十宣(じっせん)⇒十指の先、爪甲より2mm位のところ。
by takeichi-3 | 2012-10-09 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)