北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

奇跡のリンゴ。。。

阿部サダヲ~ファンです。。。
最新作の映画≪軌跡のリンゴ≫のインタビューを受けている姿をテレビで見かけたので、、、(#^_^#)



≪実話≫
木村さんがリンゴを無肥料栽培で始めたのは20数年前。
農作業の無かった日に、たまたま立ち寄った本屋の棚の一番上、手の届かない場所にあった「自然農法論」である。それを手にして、米を無肥料・無農薬で作ったことに強い刺激を受け~リンゴでも出来ないだろうかと思い、片っ端から農業関係の本を読み漁って、本格的に取り組む。

順風満帆?
それは、苦悩と挫折の始まりであり~まったく先の見えないドラマの始まりでもあった。
最初の年は前年の残留肥料のせいか順調だったが、初夏になると葉が黄ばみ落葉を始める。
本来、花が咲くのは5月中旬だが、この年は、落葉した後の9月に花が咲き、10月に一口大の大きさと小梅のような実がなり、その年のリンゴはまずくて渋く食べられるものではなかった。

それから7年間、葉は出てくるが花は咲かず害虫と病気の闘いだった。
毎日毎日害虫取りをした、いくら取っても終わらない。だから、農薬の効き目とありがたみを一番知っているのは自分だと言い切る。

収入の無い生活が続く。
毎日、作業体験を書きとめるために、余ったチラシを新聞屋さんから分けてもらい、鉛筆で書きとめた資料はリンゴ木箱二箱になるという。実は、チラシに鉛筆ではとても書きずらく、今では非常に判別しにくくなっている。

子供にノートを買ってあげることも出来ず~昼は、自分のリンゴ園。夜は、弘前の繁華街で働くという生活を余儀なくされる。

家族には、だんだんよくなってきたと言い聞かせるが、何をやっても害虫の被害はなくならない。
家も二度追い出される。自信がなくなり世間からも変人扱いされ、三つ編にしたロープを持って岩木山に登ったが、「ロープが短くて用を足さなかった」と、笑いながら話す。

天気のいい月夜の晩で、何だか全身の全ての細胞が変わったようになり~弘前の夜景を眺めていると、本当にきれいだと思え。。。暫く佇んでいると、足元の草木等がリンゴの樹に見え出す。

しゃがんで土を掬ってみると、畑の匂いと全然違う、何にもしていないのに根っこが張リ抜けなかった。
畑の草はスっと抜けてしまう。それがヒントになり、この粘り(根張り)が重要だと気ずき~今まで、土の上のことしか見ていなかったが、大事なのは土の中だと気ずいた。

大豆の根粒菌の作用による土作りの知識があったので、6年目に大豆をばら撒いた。
その年は落葉が少なく三分の一が残り、翌年は半分が残る。

8年目で一本の木にだけ7個の花が咲いた。
そしてそのうちの2個にだけ、ピンポン玉と小指の先ぐらいのリンゴが出来た。
大豆の効果はありそうだがまだまだ世間の目は変わらない。このころリンゴの樹一本一本に「ゴメンナサイ」と声をかけて回った。ついに気が狂ったと思われたのもこの頃である。

その翌年、畑一面にリンゴの白い花が咲き乱れた。
隣人に教えられたが、今までのこともあったので、直ぐには信用できず、直接に見るのが怖くて隣の小屋越しに覗いてたら、足がすくんで身動きできなくなってしまった。涙が止まらない。

実がなってからも、「良く頑張ってくれたありがとう」と、樹に言って歩いていた。
今でも、一本一本に話しかけて歩いている。
by takeichi-3 | 2013-04-30 23:30 | 中国映画音楽 | Comments(0)