北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

活力太極功。。。関節気功

≪節節貫穿≫太極拳や気功を行う上で、重要な要素となる言葉です。
太極拳ではレベルが上がるのに応じて、その意味合いは濃く複雑になってきますが~
初心者段階では、力(劲)が、肩~肘~手と関節(七星)経由で流れていくように(=連環の一要素)~を意識しながら~が、基本となります。

で、その太極拳理論を応用して作られた気功(関節体操)⇒≪活力太極功≫
床に座って、椅子に座って、立って~のいずれでも行えます。



功法內容:活力太極功八式の特徴と作用。
活力太極功は、太極拳の行雲流水、節節貫穿、処処有虚実、用意不用力、曲中求直という運動特徴を採用した練功方法。簡単な動作で効力を得られる。

1. 大鵬展翅 - 肩腕を松させる。
2. 霸王拳鼎 - 臟腑を整える。
3. 弓身揉膝 - 脊椎運動。
4. 平圓双推 - 腰腿
5. 左右揮鞭 - 松勁
6. 獅子転球 - 運丹田
7. 足運乾坤 - 降虛火
8. 納気帰元 - 調気息
by takeichi-3 | 2013-07-31 23:46 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)