北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

西遊記。。。ドニー・イェンMonkey King最終予告編

春節まで一週間。。。2月7日中国公開となるドニー・イェンの新作≪Monkey King≫野最終予告編。。。



ストーリーは、西遊記の≪大鬧天宮≫部分が主になっているようですが、、、
東勝神洲傲来国花果山の仙石から天地の霊気をまとった石猿が誕生。
この度胸のある猿は、山奥の滝壺洞天福地水簾洞を発見した功により花果山の周辺の猿の王となり、美猴王と名乗る。数百年が経過、美猴王はこの世の森羅万象について考え~生きとし生ける物の生死に悲観し不老不死を願うようになり、西牛貨洲霊台方寸山へと仙術を身につけに行く。

師匠・菩提祖師から孫悟空という法名を授かり、七十二般の術を身につけるがまだ満たされず、とうとう四海竜王の竜宮ひいては天界にまで殴り込みに行き、天界を統べる玉帝より弼馬温の位を授かる。当初悟空は弼馬温の実態も知らず喜んでいたが、後に弼馬温が只の馬飼いと知るや否やたちまち激怒し、自ら斉天大聖と名乗り、哪吒太子や顕聖二郎真君相手に天界で大暴れ~管理を任されていた西王母の蟠桃を食べ、太上老君の金丹を盗み食べ~罰として八卦炉に入れられるが「銅筋鐵骨 火眼金睛」の不死身の体となって生きのび飛び出し~釈迦如来と「地の果てまでも飛んでいってみせる」と賭けを~地の果てらしき場所に立っていた5本の柱に到達した証に悟空は一筆書いて、柱に小便を引っかけ得意げに戻ってくるが、実は釈迦の両手の中を周回しただけ⇒釈迦が示した手に自分の署名を見て呆然とした悟空はその場を逃げようとしたが、あっという間に五行山の下敷きにされてしまった。


2013年にニューヨークで公演が行われた、2007年に初演のミュージカル≪A Journey to the West≫
カンフー&雑技。。。




リハーサル風景。。。


by takeichi-3 | 2014-01-24 23:57 | 中国映画音楽 | Comments(0)