北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

焼香。。。

f0007580_2317952.jpg重慶大仏寺、初詣~お線香、特大です。

中国では、漢族を始め少数民族までの殆どが焼香の習慣を持っています。書物に最も早く記載されているのは西周(AC1100)時代。焚火の煙を天へ昇らせ~日、月、星、雨、風を祀ったそうです。

その後、武帝(AC156)が長生を願い&神を敬い~などの儀式に西域から伝わった香料を加えて焚くようにようになり、庶民へと伝わっていきました。

仏教的には。。。
香は人の知恵、德性と関係がある。修行により賢聖となると、身体の内側から特殊な香气が湧き上がっていくると言われています⇒「良い香=聖」。。

日本のサイト。。。
香の起源は、紀元前のエジプトにおける宗教儀礼。
その香がインドに伝わり~暑い時期の体臭&腐臭予防などの為に生活必需品として用いられるようになり、仏教にも取り入れられ~釈迦は自身の遺体を香木で覆ってから荼毘に付すように遺言したという言い伝えが残っています。


タイトル≪老头揍小伙≫が面白くて、見てしまった実践的武術映像。。。
「老頭(じじぃ)が小伙(若僧)を倒す」


by takeichi-3 | 2014-02-01 23:55 | いろいろ | Comments(0)