北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

脚力をつける。。。板凳桩

f0007580_09129.gif
股関節を放松させるのに、脚力は不可欠。
脚力強化には站桩(タントウ)。地味で、キツくて~でも、一番効果がある基本功です。

板凳桩。。。
ベンチに腰かけているような感覚で行う脚力鍛錬法。。。



足は肩幅に開いて、脚と壁の距離は30~40cm。

膝を曲げてしゃがむ。尾閭部分が軽く壁につくように~背中は、壁につくかつかないか~脛部は垂直~膝曲げの角度は120度(高架)~90度(低架)⇒高さと時間は、各自のレベルに応じて。。。

胯は折りたたむ~収腹~開裆&松沈⇒圓裆でないと、膝が内側に入る(爪先とずれる)ので膝を痛める。

重心は両足踵に落ちる⇒足裏前方としない。両肩は自然に下沈。胸は内含、顎を引いて~頂頸(頭は上に)。両手は、太腿上方に置く。

呼吸は自然に~慣れるに従い、呼吸が丹田に沈むようになったら順腹式呼吸に、それから逆腹式に。

吸気の時、肛門を引き上げる。
吸気、目線は内側に収まってくるように意識。吐気では目線が遠くに放たれるように意識。
by takeichi-3 | 2014-02-04 23:58 | 太極拳 | Comments(0)