北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カンフーパフォーマンス。。。自強不息

ジェット・リーが審査員を務めている≪出彩中国人≫、今週の出演者は、、、

審査員からの質問に泣き出した子供たち。説明を求められた老師。。。
「慈善学校の生徒たちです。2008年の四川地震以降、四川、西蔵、青海、拉薩などから家族を失ったチベット族の子供たち81人が北京にやってきました。私たちは、教育が子供たちを変えることが出来ると思っています。子供たちが健康で楽しく過ごせることを願っています」

「歌手になりたい」「ボランティア活動をしたい」と、将来の夢を語る子供たち。

再び老師。。。
「いつか、自分たちを表現できる大きな舞台に立てるようになるからと言ってきたことが実現して嬉しい。ボランティア活動を通して子供たちと出会え、自分が彼らに与える以上のものを与えられらた。訓練は厳しくて要求も高いけど~自強自立してくれると信じている。」

ジェット・リー。。。
「表演の中で言っていた“自強不息=強い意志を持ち続け発展する”という言葉の意味知ってる?」
「私が記憶しているチベットの名言、“有太陽也有很多烏雲。不管有多烏雲很厚、太陽永遠在那里=太陽が有れば黒雲も有る。どんなに厚い黒雲が覆い隠しても、太陽は永遠に存在している”。笑顔を忘れないで」




ロスアンゼルス出身の華僑≪黃哲倫=David Henry Hwang≫が脚本を書いた舞台≪Kung Fu≫
「ブルース・リー物語」
ダンス、歌、アクションと、内容は盛りだくさんです。


by takeichi-3 | 2014-03-10 23:52 | いろいろ | Comments(0)