北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

馮満天(Feng ManTian)。。。

≪出彩中国人≫で季間優勝して以来、CDの発売が切望されている≪馮満天≫
現代では琵琶や古琴の伴奏として、陰で引き立てる役割でしかなかった古典楽器≪阮ruan≫
白居易の詩に書かれていた≪非琴不是筝≫な、阮本来の音色を求めて自ら楽器を作り始め~
光の当たる場所を目指し続けてきたそうです。

中国音楽の古典≪馴鹿≫のジャムセッション。。。




6歳から、月琴の第一人者でもある父(馮少先)の手ほどきで月琴を始め、神童と呼ばれていて、、、
16歳で入団した中央民族楽団で月琴奏者となり、全国大会などで優勝はしたものの~琵琶や琴の伴奏的立場楽器の「阮」では、ソロ演奏の機会がなく~北京で、一番早くに結成されたロックバンド≪白天使楽団≫に参加。

1980年代、三年分の生活費に相当する高価なエレキギターとアンプを買ってくれたのは父親。
ギターを使って、中国風の音を演奏したいという息子の願いに賛同したから。
父も又、革新的な月琴演奏を確立させていて。。。

2010年、親子での台湾公演で~アンコール曲≪山坡羊≫
「親子ではあるけれど、分かり合える良き仲間」と言う息子。
「年長の自分は、いつか若い者に追い越されていく」という父親。
伝統的な演奏と現代的な演奏の掛け合いを楽しんでします。




ロックバンド解散後~
講師をしていた香港の大学の学長が、「馮満天に教わった生徒たちは、古典音楽が好きになる」と。。。
古典的に演奏している。。。≪出水蓮≫


by takeichi-3 | 2014-05-17 00:00 | 中国映画音楽 | Comments(0)