北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

暑い季節には、≪排骨湯≫

f0007580_23243821.jpg
梅雨を待たずして気温上昇~30度超え。
6月に入ったばかりだというのに、光化学スモッグ注意報が発令された今日の東京。

北京は、既に40度を超えているそうです。


f0007580_23272899.gif梅雨から夏への養生。
湿邪を排除(水分調整)~夏は心の火が旺盛で上昇し易くなるので、腎の水で調整。


梅雨時には、食欲が落ちたり、お腹の具合が悪くなったり、ダルくなったりしがちですが、、、
梅雨から夏にかけて、養生になる食べ物など。。。

ニンニク、韮、玉葱、葱は殺菌効果があるので、食中毒を防ぎます。
トマト、ナス、トウモロコシ、ジャガイモ、玉葱、冬瓜、苦瓜、セロリ、アスパラ、南瓜、ズッキーニ、葉野菜、豆類、魚類、卵、脂のある肉、海老、スイカ、メロン、バナナ、リンゴ~

生姜は身体を温めるから夏に不向き?
なんてことはありません⇒体温を上げて~毛穴を開き、体内に溜まった湿寒気を排出する効果があります。

意識して、多く食べたい四種の夏向き食品。。。
1)西瓜:渇きを止める、解熱、体内の水分調整、口内炎等。
2)黄瓜:97%が水分~生津の渇きを癒す、熱を取る&解毒、除湿、滑腸、鎮痛等。
3)桃  :生津、潤腸、活血、消积。渇きを癒す、血の巡りを良くする、排泄を良くする。
4)苦瓜:熱邪を除く、疲労を取り除く、視力向上。

★骨付き肉のスープ。。。
骨髄=造血組織~骨髄成分が溶け込んでいるので、体機能が衰えがちな時期に適したスープです。
骨質の老化も防ぎます。コラーゲンが多く含まれているので、赤筋、白筋増強にも役立ちます。


豚骨付き肉で作る≪排骨湯≫



鶏手羽肉でも美味しくできます。
昆布と生姜が入っていれば、野菜は~大根、冬瓜、トウモロコシ、ニンジン、蓮根、茸類など何でもOK!
私が北京で利用するレストランでは≪農家湯≫という名前~野菜たっぷりで登場します。(o^0^o)Ψ

漢方では、豚肉は内臓を丈夫にし肌荒れを治すと言われてきました。
沖縄に長寿の人が多いのは、昆布と豚肉を組み合わせてよく食べるからとも言われています。
昆布は抗酸化力が強く、豚肉の酸化を抑えるので相性が良いと考えられます。
by takeichi-3 | 2014-06-01 23:46 | 北京で中国料理 | Comments(0)