北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

労宮&湧泉。。。

労宮&湧泉。。。一日に一回は刺激したほうが良いツボ。
手足の冷えを解消するのに有効な、労宮ツボ(手のひら)と湧泉ツボ(足裏)。。。
という内容~位置の説明が分かり易かったので。



≪労宮≫
手のひらの中央で、指を握った時に中指の先端が当たった部位。
労宮の「労」は労働、「宮」は中央⇒労働をする手の中央にあるツボ。
心包経に属しています⇒心包は心の臓と一緒になって精神機能を司っているので、心が疲れた時に効きます⇒自律神経を整える。
親指の腹で圧力をかけるように押します⇒ゴリゴリは×。

≪湧泉≫
湧泉は、足裏にあるツボです。
足底の中心より前の方にあります。第2と第3の指の骨の間で少し窪んだところ。
歩き疲れ、立ち疲れ~足の使い過ぎによる筋肉疲労に効きます。
また、背中、腰、お尻の筋肉疲労にも効きます。
「腎経」に位置しているので、冷えにも効果があります。
湧泉=元気(源気)が泉のように湧いてくるところ~体が元気になり、疲れを取り除く効果があるツボです。
湧泉を3秒押して~3秒離しと繰り返すことにり効果を得られます。
by takeichi-3 | 2014-06-03 23:50 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)