北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

升降日月任督走。。。中医式スクワット?

≪昇降日月任督走≫
日月⇒陰陽二つの気。
陰陽両気は任脈と督脈を巡っています⇒任督二脈の通りを調整する効果のある動きですが、、、
スクワット~足腰を強くする効果もありそうです。



下がる時(任脈)、両手は身体の前を内回しに、上がる時(督脈)、両手は身体の前を外回しに。
ゆっくり~数を数える必要はない~自然に⇒数を覚えなければという緊張が臓器に影響を与える⇒自由ではなくなる~ゆっくり、ゆったり~自然⇒道法。

※頭上に両手が至った時、少し停止。


≪督脈と任脈の通りが良くなる=健康≫
督脈は陽経の海と言われ、諸陽経を統括する作用がある。
その通りが良くなることにより、生体の陽気を鼓舞させる⇒頭項部の鎮静、上背部の呼吸・循環器系調節、中背部の消化器系、泌尿器系及び腰椎の疾患、腰仙骨部の生殖器系や婦人科疾患に作用する。

任脈は陰経の海と言われ、諸陰経を統括する作用がある。
通りがよくなることにより、泌尿・生殖器系の諸症状、消化器系の諸症状、胸部の心肺疾患や頚部の咽喉疾患、顔面下部の知覚・運動障害等に作用する。

督脈は、背中心を通っている⇒肛門を起点とし、臀部~背~首~頭部~額と中心を通り、鼻の下が終点。
任脈は、会陰~下腹部~胸を通り~下唇の下へと繋がる。

舌を上顎に付けることによって、身体の陰陽が繋がる。
これは、気功呼吸法では重要な部分⇒呼吸に依って陰陽を身体に巡らせる基本。

督脈の流れに異常が生じると、背中の強張、痛み、頭痛、腰痛内臓疾患、精神不安定等が現れる。
任脈に異常が生じると、泌尿生殖器系疾患、腹部のこり、内臓疾患、精神不安、虚弱、精力減退等が現れる。
by takeichi-3 | 2014-06-18 23:53 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)