北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

古典鑑賞。。。(#^_^#)

若い頃は、全くその魅力が分からなかった地唄舞。
動き出す前の立ち姿の中には「八面支撑」が見られるし~「主宰于腰」「一動無動」「節節貫穿」と、次々に太極拳の要求が頭に浮かんでくる動き。。。その上、華麗なビジュアル。





中国古筝の名曲≪高山流水≫をBGMに使用しているアニメ≪絶弦≫
弦~その余韻を楽しむものだという気がした今日。。。



伯牙は春秋時代の古筝の名手。
船で遠出した中秋の夜、樵の鍾子期に出会う。伯牙が一曲弾くごとに、鍾子期はその曲の内容と、そこに込めた伯牙の気持ちを言い当てた~二人は船上で兄弟の契りを結び、一年後の再会を約した。

翌年の中秋、伯牙は約束の場所で演奏していたが、鍾子期は現れず。。。
既にこの世を去っていた鍾子期。亡くなる前に、自分の魂が伯牙と会えるよう、約束の地近くの岸辺に埋葬させたことを知った伯牙は、その墓前で琴を弾いた後、「鍾子期がいなくなり、誰が私の筝の音を理解してくれるだろうか」と、古筝の弦を切り壊してしまった。
by takeichi-3 | 2014-06-27 23:48 | いろいろ | Comments(0)