北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

劲力実感、纏丝功講習≪武冬老師≫。。。参加者募集

f0007580_23201742.gif北京体育大学武術班教授≪武冬老師≫による≪纏丝効≫講習が、
10月29日より東京都内で始まります。
現在、参加者募集中ですので、興味のある方は、是非、是非!!!
劲力を実感できるようになる、質の高い内容の講習です。
★場所:東急田園都市線沿線(桜新町、九品仏)
★講習期間:10月29日(水)より毎月2~3回。全12回。2月末に終了する予定。
★時間:毎水曜、午後6時半から8時半。
★少人数で行うので、老師から丁寧な指導を受けることが出来ます。
★詳細問合せ: ①beijing-taiji@hotmail.co.jp ②wdgongfa@gmail.com


≪纏丝功≫概要。。。

f0007580_2140830.jpg多くの武派や養生家たちが研究してきた螺旋劲=纏(転)劲。

★体用合一
武術太極拳功法の一つでもある纏丝功は、健身効果が得られると共に、武(攻防)も体得できます。

纏丝功は、単人(一人)練習と双人(二人)練習という二つの形式で行います。一人で行う時には健身効果を追求。二人で行う時には用法を学ぶことが出来ます。同じ動作なのに、異なる成果を導き出せるのです。

纏丝功は、人体の手指、手首、手の甲、肘関節、肩関節、胸背、脊柱、腰、股、膝、踵部~足裏から頸部に至る十三ケ所を秩序よくリズミカルに、旋指、転腕、蠕掌、纏肘、抽肩、畳胸、弹脊、揉腰、摆胯、磨足、繞頸という動きで全身を “纏転”させる功法。
f0007580_214021100.jpg


動作は複雑ではありませんが、意識や呼吸等細やかな要求があります。
一見、局部的な関節運動に思える動作ですが、上下の関節が呼応しながら動くように組み合わされています。

★例えば、手指の纏旋運動。
初心者でも簡単に行なえる動作ですが、習熟するに従って全身協調の精度を高め深めていくことが可能。

★手指と足指の呼応
手は親指から小指へと旋動。足は小指から親指へと下踩。
それらが、どのように呼応して劲へ転化するか。
指は、親指の“少商(親指にある太陰肺経)”と“少沢(小指にある太陽小腸経)”を意識して動かす。外旋する時には呼気、内旋する時には吸気。筋肉は緊張と放松を繰り返し、 “指相通”、“上下一気”、“一動無有不動”を体得できます。
f0007580_21413414.jpg★養生健身効果
・関節の動きが滑らかになる。
・筋肉と骨が強くなる。
・気血の通りが良くなる。
・大脳神経による筋肉コントロールが可能になる。

★纏丝法は、、、
たゆむことなく、乾(天)坤(地)が螺旋によって途切れずに循環していく功法。
大は宇宙星球の運動軌跡、小はDNAの二重螺旋構造。それは太極拳の纏丝運動とも通じている“天人合一”な運動形態。

静心収気、頭から足までを水のように柔らかく流れる纏丝“百折連腰尽無骨”
≪全身松空,気血暢通、呼吸精気、肌肉若一、楽在其中≫を享受しましょう!


by takeichi-3 | 2014-10-25 23:24 | 太極拳 | Comments(0)