北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

座式十二段錦。。。

ノンビリ~二十分以上をかけて、全身マッサージ効果のある十二段錦。
心地良いです。



★超超簡単に注意事項など。

第一式: 冥心握固
両腕を上げる時、胸は伸びやかにして腕を開いていく。
両掌で下を抑える時、首後ろと脊椎は真っ直ぐ~百会虚領。
気持ちを集中させて気は静かに。「物我両忘」

第二式: 叩歯鳴鼓
中指を耳の穴に入れ、歯を36回噛み合わせて音を出す。
手心で耳を覆い、十指は頭の後ろに。

第三式: 微撼天柱
腕を広げる時の回転は腰が主宰。沈肩。立身。
頭を回す時、上体は動かない。上を向く時、顎に力を入れて。首の力は抜かない。

第四式:掌抱崑崙
両腕を頭の後ろに身体を回す時、肩を後ろへと開く。左右に体を傾ける時、肘を上に~脇腹を伸ばす。
頭を下げる時、立身、下顎に力を加える。頭を上げる時、胸を張り腰を伸ばす。

第五式:摇転辘轳
腕を前に送る時、転腰、順肩、座腕。腕が戻る時、肘は曲がり手首は上がる。
親指付け根の関節で腎愈を揉む。肩は圓活連貫に回す。

第六式: 托天按頂
両手を上げる時、腕は体から垂直を保持。腰と腕を伸ばす、両腋を伸ばす、腰を反らせる
両手で下を推す時、立腰、頭は上に、膝は、足指は緊張。

第七式:俯身攀足
胸を張る、腰を伸ばす、膝関節は真っ直ぐ伸ばす。
頭を上げる時、下顎主動。顎を引く時、頸部は伸びる。
足指に力を入れる。

第九式:前扶脘腹
上方向への摩擦時、吸気、収腹、肛門引き上げ。
下方向への摩擦時、吐気、松腹、松肛。
速度は均一に。適度な力を用いる。

第十式: 温煦脐輪
臍周りが暖かいイメージをもって。順腹式呼吸。身体は中正を保つ。
腹部をマッサージするとき、労宮は臍部に~柔和緩慢、自然呼吸。

第十一式:摇身晃海
上体を回す時、背骨は真っ直ぐ。下顎を収める。均等な速度。圓活連環。
幅が大きすぎないように。

第十二式:鼓漱吞津
口中に唾液が満ちていると意識。
舌を口中で圓活に撹拌。
by takeichi-3 | 2015-01-20 23:56 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)