北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

葉問3。。。ドニー・イェン&ジェット・リー秘話

「葉問3」の撮影が始まります。。。ドニー・イェン主演。
今回は、15~16歳の頃のブルース・リーやマイク・タイソン(本人)も出演するそうです。

タイソンが出演すると聞いて~
出演を拒む発言をするドニー・イェンに「だから出演料を高くしたんだ(7千万元)」と話すプロデューサー。
試合で、相手選手の耳に噛みついたことがあるタイソン~「帽子を被って撮影しなければ~」とか、「半端なく強い相手~子供も小さいんだし、高い保険をかけてね」とか、冗談が飛び交っています。




≪コーチと衝突~ジェット・リーと戦って、打たれ泣かされ~武術学校から飛び出した≫
というドニー・イェン秘話が再燃しています。

少年期をアメリカで過ごしていたドニー・イェン。
幼い頃から母親から武術指導を受け~喧嘩は茶飯事で、ボストンのチャイナタウンマフィアと関係が出来たりして~息子の将来を案じた母親が、北京市什刹海体育運動学校武術隊へと送った。

その時のコーチは呉彬。同時期、ジェット・リーも呉彬老師に学んでいた。
当時、武術隊で唯一の外国学生だったドニー・イェン。自身もアメリカ人として行動。
母の名を笠にきて相手構わず難癖をつけたり~が多くて、隊員たちから疎まれていた。武術なら勝ち負けをはっきりさせなければ~といきがって、隊員たちに勝負を挑んだりしたが、勝負厳禁という決まりがあり~彼に教訓を与えたいと思っている隊員は沢山いたが、皆、我慢していた。

早くに父親を亡くし、母一人の家庭で育った師兄ジェット・リーは、呉彬老師を父親のように慕っていた。
その呉彬老師と何度も衝突を繰り返すドニー・イェンに対して憤りを感じていたジェット・リーは、挑戦を受けてたち~ドニー・イェンの蹴り出した足が身体に届くより早く、拳を打ち込んだジェット・リー。
倒されたドニー・イェン~唇は血だらけ、溢れる涙を拭い~武術隊から逃げ出すように離れていった。

この話を知ったカンフー映画ファンのネット投稿。。。名前は、投稿者のハンドルネーム。
袁和平⇒「葉問は、黄飛鴻に敵わない」
徐克⇒「この件を円く収めるには、ブルース・リーが出てこないと」
by takeichi-3 | 2015-03-26 23:49 | 中国映画音楽 | Comments(0)