北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

莫桂蘭。。。黄飛鴻、最後の伴侶



南拳五大門派の一つ莫家拳の映像を見ていて。。。
「黄飛鴻の最後の伴侶、莫桂蘭は莫家の出身~?」と、、、

f0007580_0161386.jpg
莫桂蘭:1982年生まれ。
幼い頃に父母を亡くし、広州で武館を開いていた叔父に養われ~莫家拳を学び~武術好きで、男性的な性格をしていた。

19歳の時、舞獅表演大会を見に行き~梅花桩で表演していた黄飛鴻(当時55歳)の布靴が脱げて、彼女の胸に当たった。

何の謝罪もなく演技を続ける黄飛鴻に腹を立て~梅花桩に飛び乗ってビンタを見舞ったところ、黄飛鴻に抑えられたが、相手が若い女性だと知った黄飛鴻池は力を緩め~それが縁で、四番目の伴侶となる。

莫桂蘭を伴侶に迎えた黄飛鴻は、対外に、二度と弟子はとらないと宣言。。。


莫桂蘭にだけ、虎鹤拳、鉄線拳、四象標龍棍などの絶技を余すことなく伝えた。



★黄飛鴻亡き後~香港で教拳していた莫桂蘭の様子⇒ http://takeichi3.exblog.jp/22743733/
by takeichi-3 | 2015-04-06 23:56 | 偉人たち | Comments(0)