北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

冬季の養生。。。

f0007580_23102361.jpg

中国のニュース番組の中。。。
「冬季の養生」という内容の報道が有るのを見て~中国的と感じさせられました。



動画と重複しない箇所も有りますが、中医的冬の養生。。。

「冬季養生為蔵主」。。。植物の種子など、地に籠っている季節⇒精気を蓄える時期。
寒冷期、気や血液の流れが悪くなることによって、持病などが悪化しやすくなります。
又、脑出血、心筋梗塞、中風などの発生率が高まります。ので、身体を冷やさないことが大切です。

汗をかかなくなるので、皮膚からの水湿排泄が少なくなった分、尿として排出される量が増えて腎臓や膀胱の負担が増えます⇒腎臟は最も冷えを嫌う臓器です。血液を濾過するという重要な役目の為、腎臓には毛細血管が張り巡らされています⇒腎が冷えて、血流が低下すると、本来の働きが出来なくなる⇒上手く血液を濾過することができずに、尿として余分物を排泄できなくなります⇒冬の養生の原則は「養腎防寒」

食べ物的には。。。
「温」の性質を持つ食材⇒肉類、豆類、レバー、卵、蕪、棗、南瓜、葱、卵、ニンニク、玉葱、生姜、大根等。
「腎」の働きを助ける食材⇒黒豆、黒ゴマ、韮、山芋、胡桃、栗、海老、赤貝等。
冷たい物や陰に属する食物は避ける=腎を傷つける物⇒冷た過ぎる食べ物は、脾胃の血管血管を刺激~収縮させて血流を妨げ、他の臓器にも悪影響を与え人体健康を損います。

「増苦少咸(塩辛い)」
冬期、腎は活発に働いていますが、塩気の多い食品を食べると、腎気は過度に旺盛になってしまい、心臓に悪い影響を与えてその機能を減弱させます⇒苦味のある食物は、補益心臓、増強腎臓の効能があります⇒柑橘類、レバー、蕪、酢。。。

「早睡晩起」。。。睡眠調整
起床時間は、日が昇った後の方が良い。早寝は人体の陽気を養う(蓄する)ことが出来ます。
防寒を心がけけましょう。

「冬保三暖」
頭暖:頭部が寒冷の刺激を受けると血管が収縮、頭部筋肉が緊張⇒頭痛や風邪になりやすい。
背暖:寒冷は背部のツボや皮膚より入り~内臓へと伝わり~健康に害を及ぼします。
    又、腰や背部の傷み、頸椎、腰椎、上肢下肢関節、内臓などにも。。。
脚暖:脚部が冷えると、反射的に呼吸器官粘膜の毛細血管の収縮活動が衰えます。
    ⇒抵抗力低下⇒細菌が侵入しやすくなります。


冬向きの料理≪太刀魚の甘酢仕立て≫


by takeichi-3 | 2015-11-28 23:51 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)