北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今日の学び。。。

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で、2015年度最高視聴率を獲得したそうです。。。



2013、2014年~2年連続で、世界一清潔な空港に選ばれた羽田空港で、清掃主任として原来ている
「新津春子さん」を追った番組ですが、、、

一部、音声が途切れている部分の補足。。。
第二次世界大戦の時に中国に取り残された日本人を父に持つ、中国生まれの残留日本人孤児二世。
中国でも日本でも虐めを受けて~

「17歳で日本に帰ってきたんだけど、家族みんな日本語できないでしょ?だから仕事もなくて。でも言葉できなくても清掃はできるから、それから二十年以上、ずっと清掃の仕事をしてるの」

番組スタッフが最後に問いかけた~
「あなたにとって、プロフェッショナルとはどんな人だと思いますか?」に答えて。。。
「目標を持って、日々努力し、どんな仕事でも心を込めることができる人が、プロフェッショナルだと思います」

この番組に出演して注目されるようになり、講習をしたり~書籍を出版したり。。。

書籍の内容。。。
【第1章】歩いてきた道
・私たちも人間なんですよ。
・今日より明日、明日よりあさって、いい生活をしたい、と思うでしょ。
・「ケンカするならめちゃくちゃにやりなさい」とおじさんに教わりました。
・「それ、いじめじゃないですか?」
・自分の人生をめいっぱい生きていたら、親は喜んでくれるんじゃないかな。

【第2章】私の生きかた
・人と比べるのではなく、私は自分と自分を比べます。
・隠しても、いずれバレることなんですよ。
・頭のなかに余裕がないと、優しい気持ちは出てこないんです。
・常に誰かに合わせていると、元の自分がわからなくなってしまう。
・簡単に自分を曲げないようにしています。

【第3章】仕事について
・私は、清掃の仕事が大好きです。
・ひとつひとつ、全部意味があるんですよ。
・何かを教わることができるというのは、なんと幸せなことでしょうか。
・私は、その仕事を覚えて、自分が喜べばそれで十分だったの。
・お年寄りや、障がいのある方も、私にとって、先生です。

【第4章】家族について
・「私、全国大会一位をとらないと、結婚しません」
・どんなに二日酔いになっても、毎日、出勤前に一時間掃除します。
・みんながうれしいことが、とてもうれしいです。
・「あなた個人がもらうのはおかしいんじゃない」
・六〇代でまた大会に出て、絶対に一位をとろうと思ってます。
by takeichi-3 | 2016-01-17 23:55 | いろいろ | Comments(0)