北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今日も春晩。。。悟空&文化遺産老腔

f0007580_2337024.gif中国中央テレビの春晩への出演が期待されていた「六小齢童」は、遼寧テレビの春晩に出演。
製作者たちの六小齢童への愛が感じられる演出、見事です!!!




f0007580_23372893.gif
「春晩の中、高齢者たちが演奏している表演があって~それが凄く良かったんだけど、何だか分からなくて~」という、問い合わせがあったので。。。調べてみました。

≪華陰老腔一声喊≫




老腔⇒陕西省に古くから存在していた漢族戯曲の表演形式で~華陰(地域)に伝わり演化した老腔。
千年の歴史を持つ老腔は、早期に中国国家級無形文化遺産に指定保護されている。

一説によると、湖北老河口から伝来。
現存する老腔劇本で、最も古いのは乾隆十年の物。

老腔芸人張全生によると。。。
明代中期に孟児という人物が湖北老河口来到泉店村にやって来て、歌で生計を立てていた。
当地(華陰)には張氏一族がいて、よく孟児を呼んで歌わせていた~そのうち、張氏の子弟たちが見様見真似~楽器や皮影劇の装置等を揃えて戯曲形式での表演を始め、家族内で楽しむようになった~その後、興業的な劇団形式が取られるようになり~今では、五代目が活躍⇒今回の春晩で表演した張喜民など。。。


映画≪白鹿原≫のオープニングでの老腔演奏≪将令一声震山川≫




本来は、こんな風に素朴な農民たちの娯楽だったようです。。。


by takeichi-3 | 2016-02-09 23:44 | 中国映画音楽 | Comments(0)