北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

大雁気功。。。

初めて、正式に習った気功は大雁気功。。。

1980年に道家秘伝だった大雁気功を、国民の健康の為にと公開した伝承者「梅梅君」が、大雁気功を紹介している動画を見つけました。。。



「今年、99歳になるけど~身体も頭も動く。この気功を学んで、健康、除病、寿命を延ばして~」
と。。。


≪大雁功≫
動作を行えば、人体十二正経、奇経、八脈などの主要な経脈を通すことが出来る。
大雁気功は、道教崑崙派に属している。中国晋代に始まり、千数百年の歴史がある優れた功法。鳥類の中では長寿な大雁の動作や修正を模倣しているので、この名が付いた。

功法と理論は、老子による正宗道家丹功体系。道家哲学と養生理念を基にしている。
かつては道教秘伝とされていて、基礎から高中級のレベルの動功&静功~合わせて七十余りの套路がある。

功法は、陰陽の変化、五行八卦、経絡、気路等の特性を考慮して編纂されているので、奥深く高い効果が得られる功法なのに、高齢者でも年少者でも~誰でも制限なく簡単に行える安全な気功。

身体を動かすことによって導引⇒人体の主要な経絡、ツボを刺激して、全身の効能を良くする。
・神経、体液を調整。
・内臓機能を調整。
・陰陽のバランスを整える。
・気血を調和させる。

湖南省長沙で発見された馬王堆三号漢墓から出土した西漢初期の「帛書」に彩色で描かれた「導引図」は、西漢時代には気功導引が養生道として盛んに行われていたことを証明している。

漢代の名医華佗は、虎、鹿、熊、猿、鳥の動作を真似た気功導引の基礎となる「五禽戯」を創り広めた。
大雁気功は、鳥類の中では長寿で知られている大雁の動作や習性を真似ることで気を人体内で運化~更に、道家の丹道修練方法も取り入れながら、養生気功功法の体系を創りだした。

中高年者が行うと経絡、血液の流れが良くなり、除病健身の効果が得られる。
青少年が行うと、脳の働きが良くなり、記憶力が良くなるので学習能力が高まる。



by takeichi-3 | 2016-02-13 08:34 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)