北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

脊柱養生運動。。。

f0007580_23511311.gif簡単な、背骨をマッサージする効果がある動き。
私は、座って(胡坐)行っています⇒両手を両膝に乗せて~顎を前方向に突き出しながら背中を伸ばし~顎を胸に付けるようにして、背中を丸めながら戻す&顎を胸に付けるように背中を丸め~顎を下から上前へと突き出しながら背中を伸ばす~を呼吸に合わせて⇒足を肩幅に開いて~立ったまま(両掌は丹田に)でも行えます。



★背骨の働き。。。
•体幹を支持する働き
•体幹に可動性を与える働き
•脊柱管内の脊髄・神経を保護する働き

★脊髄の主な働き。。。
•手足の筋肉を動かす働き → 運動神経
•手足の感覚を伝える働き → 知覚神経
•膀胱や直腸などの内蔵の働きを調節する働き → 自律神経


★背骨、脊髄など。。。
脳と脊髄を合わせて中枢神経と呼ぶ。
脊髄は身体各部と脳との間を連絡し、多種多様の信号を伝えるほかに、体内・体外に生じる環境変化の感覚情報を、大脳皮質を経由せずに不随意・無意識的に脊髄の運動細胞に伝えて感覚情報の処理をしている。

脊髄には発汗、血管運動、立毛運動、瞳孔散大、呼吸運動、心臓促進、泌尿生殖系などの自律系反射の中枢もあると考えられている。[

白血球(免疫担当細胞)はどこで作られているか?
白血球の製造が行われているのは骨髄⇒骨の中心部に存在⇒血液は、全身の骨髄から生成される。

造血を主力となって行っているのは脊椎骨、胸骨、肋骨。
脊髄は人体で最も重要な器官なので、脊柱(背骨)という硬い組織の中に収められているだけでなく、内側に髄膜という膜が脊髄をすっぽりと包み込んでいます。

髄膜は、硬膜、クモ膜、軟膜という3つの層から成り立っていて、クモ膜の内部には髄液が満たされ、外界からの衝撃をやわらげる働きをしている。
by takeichi-3 | 2016-02-27 23:52 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)