北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

呉天明監督。。。中国文芸映画

f0007580_23212433.jpg5月5日に紹介した、呉天明監督の遺作「百鳥朝鳳」
興業成績が悪く、上映回数が減らされていて。。。

同時期に公開されたアメリカ映画「キャプテン・アメリカ3」が、5月12日の時点で八億元の興業収入を得たのに対し、百鳥朝鳳は四百万元足らずで惨敗~多くの知識人たちが、中国文化を基調とした文芸作品が失われていく風潮を危惧しています。

中でも、著名な映像制作者「方励」は、自ら百鳥朝鳳の応援隊長を名乗り、微博(ツィッター)を通して~土下座して、上演回数を増やしてくれるよう要請~これに応えて、多くの映画館が週末の上映数を増やすことを表示。呉天明監督とは面識が無いという方励。ただ、ただ、崇拝の念から。

華誼兄弟社系列の17館では、最も客足が多い時間帯での上映を決定。
「国産映画の魅力を客に知ってもらう為だけではなく、国産映画の文芸性と芸術性を敬っての行動」

中国産文芸映画 。。。
2006年にベニス国際映画祭で金獅子賞を獲得した、贾樟柯の《三峡好人》の国内興行収入は百万元未満。2007年にベルリン映画祭で金熊賞を受賞した《图雅の結婚》は二百万元。2011年の《星空》《鋼の琴》等の文芸作品も、評価は高くても収益には結びついていない。。。
が、中国映画の現状だそうです。。。


★ 呉天明&作品等を紹介しているドキュメンタリー。。。
その中国映画への貢献、、、崇拝に値する存在~が分かります。




★グォさんの仮装大賞では、俳優として参加。。。
4月8日に紹介した映画「盲井」の「張楊」監督作品です。




by takeichi-3 | 2016-05-14 23:19 | 中国映画音楽 | Comments(0)