北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

功夫映画の中での武術十大宗師。。。

f0007580_2341275.gif
功夫映画の中での武術十大宗師。。。



★宮本武蔵

★柳生宗矩
映画の中では、悪役が多い

★黄飛鴻

★嘉納治五郎
中国の作家「魯迅」にも指導している。

★霍元甲
中国武術現代化教育の先駆者⇒武術を学べる組織を作った(精武体育会)

★韓慕侠
80年代の映画「武林志」~香港映画のような華やかなアクションは無かったが、真摯に武術を取り上げている。映画顧問の「張文広」は、1936年のベルリンオリンピックに選手として参加している。八卦掌のコーチは「門惠豊」。天津の民国武林を誠実に描いている。主人公「東方旭」の原型は、近代武術家「韓慕侠」。韓慕侠を演じているのは、ジェット・リーの叔弟子「李俊峰」。何大海を演じているのは遼寧七星蟷螂拳伝承人「李徳玉」。神掌李の原型は、「董海川」の弟子「程廷華」⇒演じているのは、京劇の名武生「張雲渓」

★葉問
武術の改革において、無視できない存在。詠春拳を初めて公開伝承。現代力学を用いながら詠春拳の拳理を整理し直した。中国武術現代化の過程で、重要な武術家。

★大山倍達
実際の大山倍達は一人だが、映画の中には二人の大山倍達がいる。
日本の「大山倍達」と韓国の「崔倍達」

★ブルース・リー

★何故か、動画からは削除されていますが、もう一人は「俞大猷」
明代の武術家。戚継光が書籍の中で評価している棍術の高手、俞大猷(抗倭将軍)。
「継光如虎、大猷如龍」⇒北有猛虎戚継光、南有蛟龍俞大猷。
by takeichi-3 | 2016-08-12 23:51 | 中国映画音楽 | Comments(0)