北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

蒋介石のボディーガード。。。長江大侠呂紫剣

幾度か動画を見て~名前も知っていた《呂紫剣》




この動画を見たら、その経歴が知りたくなってしまいました。。。(*^_^*)

天津の《霍元甲》、関東の《杜心武》と並ぶ、清末民初武林の三大侠客。
2009年に世界最高齢者となり、2012年118歳で逝去。

1900年、七歳の時に母親より習武。
呑み込みが早かったので、家人は、名師「李国操」より指導を受けられるようにする。
痴迷武学な呂紫剣は、翌年には峨眉山の神掌「李長叶」に弟子入り。合計三回、峨眉山に赴き~八年学芸(武)。李長叶の「游身八卦連環掌」をマスター。李長叶以外、武当山紫霄道長「徐本善」も、呂紫剣にとっては重要な師父。李長叶師父に八卦掌を学んでいる期間にも武当山に行っている。習武20年~全てを伝承した。

1920年、27歳の時に南京雨花台で行われた武術大会(実戦)で優勝。
是れより、師に学ぶを終えて~武林世界で自立。
呂紫剣の噂を耳にした蒋介石は、彼をボディーガードとして採用すると同時に少将の位に処し、国術主任教官の職を与えた。

1945年、数々の武術家を倒して中国人を侮辱する言葉を発してしていたアメリカMarshall将軍のボディーガードと重慶で戦い、八卦掌によって打ち負かした。

武術ばかりでなく医術にも優れていて、人々を治療した。

★一方で、以上の逸話の中には虚偽の部分があると分析している文章も流出しています。


★中国最後のボディーガードと呼ばれている《李堯臣》。。。幼年期には太極拳を学んでいます。


by takeichi-3 | 2016-10-11 23:55 | 偉人たち | Comments(0)