北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

導引養生太極操。。。張広徳老師

導引養生功系列でも早い時期の套路なのか~動作要求や効果などの資料が見つかりませんが、、、
中高年用に創られた養生体操です。
太極拳の身法を守りながら~関節を意識しながら(抜骨伸筋)~動くと、身体がスッキリします。



導引養生功の創編者「張広徳老師」について。。。
1932年生まれ。幼い頃より練武。
1955年に北京体育学院(現北京体育大学)に入学。張文広老師より武術を学ぶ。
1974年に癌になり~ほどなく血液の病も発症。
アレルギー体質の為、投薬が出来ず、既往症の高血圧、心臓病、肝炎等の症状も現れるようになり、生命の危機に~苦しみながら研鑽を重ね、武術の基礎の上に、中医の経絡学、陰陽五行説と气血理論を基本とした、強身健体、慢性疾病の予防を目的とした養生功法を創編⇒武術運動の新発展⇒自身の病を治療するだけに止まらず、世界各地に普及していった。


張広徳老師の恩師「張文広老師」。。。査拳の名手。


by takeichi-3 | 2017-03-05 23:55 | 気功:五禽戯・八段錦他 | Comments(0)