北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

玉門太極拳。。。

呼吸のリズムで、無理なく内側から自分を観察(コントロール)しながら、全身を協調一致させて動いている様子が伝わる心地よい動きだなぁ~と思った≪玉門太極拳内功九勢≫




≪武当玉門游龍太極拳≫
清末民初に玉家拳伝人玉恒宝(俗家道人)が武当道人李道長より学んだ、歴代の道家に伝承されてきた秘技。張三豊原伝太極十三勢の支派であったが、伝承者たちがそれぞれの体験より工夫(補充)を加え~独特な風格を備えるようになった。

広東梅岭一带に伝承されていたが、玉氏家族の多くが広西に移動するにつれて、広西へと伝承していった⇒三代支流:広西環江、広西忻城泗涝、広西来賓市橋巩下馬王村。

劲力は剛柔相済、綿里蔵針、勢有章法、形有意境、動態優美、力感伝神、風格独具。
内煉丹田外練五弓、拳功一体、注重健身養生&実戦。
精熟后八劲飽満、弹抖爆発、劲烈剛猛、撃人可穿透人筋骨傷及五臓。
その風格は、陰陽相融,身舒神安,大練如龍纏、小練如蛇行、静練如蠕動、快練如雷霆。

強身健体。
内練外養な功夫である太極拳は、身体を健康な状態にするのに非常に有利。
玉門太極拳は脊椎を調整、各骨節間の蠕動鍛錬と四肢各節の揉旋運動によって全身筋肉を柔韧舒長(しなやかに伸ばし)~気血の通りをよくしているので、練習を続けるにつれて強腰固腎、清心安神、收斂精気,外強筋骨、内壮神勇,健康腑臓、生命旺盛、増強体質、祓病延年の効果が得られる。
by takeichi-3 | 2017-03-22 23:58 | 武術各派 | Comments(0)