北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

以実送虚。。。

f0007580_23304684.gif
2015年に長崎ランタン祭りで行われた、武当山道士の太極拳表演だそうですが、
足運び~「以実送虚」になっています。





「以実送虚」
動作の変換時、重心が落ちている足(軸脚=実=陽)に更に松下沈すると~実が100%になり、自然に虚への移行が行われる⇒虚(陰)だった足は徐々に実(軸足=陽)に変化していく。

動作の実現に欠かせないのは「上下一条線」
三合&身法~湧泉の協調の精度が上がれば、身体の内側から劲が沸き上がってくるのが感じられるようになります。
by takeichi-3 | 2017-06-14 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)