北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

尾閭中正の重要性。。。

f0007580_23483710.jpg

ここ最近の練習、参加者たちの尾閭中正(臀部の収まり)不足が気になって~押し込むことが多々あります。

尾閭中正の収まり(&虚領頂頸時の大椎周辺の後部への張り出しも)が不足していると、松下沈が出来ず~湧泉からの劲が生じない原因にもなります。


★改めて、尾閭中正の重要性など~簡単に。。。

人体に内在する物質運動⇒行気運動。
拳理~身法で述べられているのは、尾閭中正、沈肩墜肘、含胸抜背、気沈丹田、虚実分明等の要領⇒身法理論を体現(得)することにより、太極の構成要素と正しい解釈を掌握することが出来る⇒「必須从身法入手」

※「両肩と両股の平行が保たれている」は、重要なポイント。
※身法は、動作変換の都度行われている。

身法を探求する時、人体上下を繋ぐキーポイントになるのが臀部と尾骶骨による尾閭中正⇒これが不完全だと、各派が協調している「腰似車軸」「立身中正」「支撑八面」は得られない⇒規律の喪失=運・化・発・放などの原動となるものが失われている。

「尾」は、解剖学的には、人体脊椎骨の下端末で、「尾」と呼ばれている部分。
「閭」は、「江河之水滙集在入海口」⇒玉枕関、夹脊関の下にある尾椎を尾閭関として、人体四肢散乱之气を丹田に集める関口としていた⇒尾の後に閭をつけた所以。

近代の武術家、顧留馨は、「太極拳研究」の中で、尾閭中正の練習のコツを述べている。
「尾閭中正は、脊骨の先端を前上(丹田=小腹部)に向けることにより、脊骨の先端・臍・顔中心を垂直線上としている⇒いかなる動作であっても、この規律は崩れない⇒尾閭が正しく収まっている=中正となる⇒身体を動かす時、舵の役目を担っている。

郝少如(武式太極拳)は。。。
臀部が収まっている~脊椎の先端(尾閭)が前上に向いている⇒丹田(小腹)構成の要素。

1993年。国家体委武術研究院の「42式太極拳、剣」の競技規則の中の「臀胯」規定⇒「臀要注意下垂收敛、不可后凸:胯不可左歪右斜」と記載されている。

自然な状態では、人体は臀部が外突している。
“将小腹托起=尾閭中正”であれば、挺縮胸、聳肩抬肘、腰が反る等は改善される。

★尾閭を動かす⇒督脈運行の起点(スィッチ)となる長強穴に作用する。
by takeichi-3 | 2017-07-24 23:57 | 太極拳理論 | Comments(0)