北京で太極拳

takeichi3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

動作の第一歩。。。虚領頂劲

f0007580_23571164.gif
太極拳の套路を始める時、、、
虚領頂劲が正しく行われていると、開離歩も筋肉の力に拠らず自然に行えるようになります。(^^)v


★以前の文章に加筆~「虚領頂劲」まとめてみました。。。

虚領頂劲は太極拳要領の一つ⇒頭姿勢への要求。
楊派太極拳が十要のトップに挙げ~その後、他の太极拳流派もこれに倣った。
道家の導引養身術⇒虚領頂劲と気沈丹田は同時~修煉者への要求は、「至虚極、守静篤」「導気令和、引体令柔」⇒「虚其心、実其腹」となる。

頂劲とは、頭が頂きとなるように吊るされている状態。
頭頂真直であれば、腹内松浄、気沈丹田、精神貫頂となる。

王宗岳の太極拳論の中では、「虚領頂劲、気沈丹田、不偏不倚」の十二文字によって、太極拳身法の立身中正が述べられている⇒頂劲により、腹部の沈劲&身弓が出現~その結果として得られるのが、立身中正(身法)。

★虚領頂劲(頭の位置)が正しく行われると~武式の「骨肉分離=肉の地滑り感」が得られる。

★曼青によると。。。
放松は、上から下へと一節一節、一塊一塊、丁寧に水が流れ落ちるように松していく。
松頸⇒後部の筋肉は力まず~後ろの壁に触れているように~頸椎は一つ一つ松開。
虚領頂頸が完成したら、下方向へと一節一節ずつ松開⇒肩井が下放松することによって~松開肩(肩甲骨、鎖骨が開く)~松開胸、背、腰、腹、命門、尾閭、会陰、股関節、膝、踵、足、足指~最後に湧泉へと松沈していく⇒全身の関節を松開させて、骨肉分離の状態を作りだす⇒骨に支えられ、肉はぶら下がっている状態。

★楊澄甫の太極拳十要では、"頂劲者(虚領頂劲とは)、頭容(姿)正直、神貫于頂(頭頂へと貫かれていく“意識=劲力”が感じられる)也。不可用力(力んで頭を上にあげるのではない),用力則項強(力むと項が強張る)、気血不能流通(気血の通りが悪くなる)、須有虚灵自然之意(強張りが“虚=無”となれば、自然となる=阻むものがなくなる)、非有虚領頂劲(虚領頂劲でなければ)、則精神不能提起(“力=意識も劲力も”出現しない)也。

虚領頂劲と気沈丹田は、太極拳の要となる要求。上下で互いに影響し合っている⇒整体。

頂頭懸という呼び方もある。
風船のように、スッと上空に向かって伸びている頭部が、上体を吊り上げているような状態⇒身体の隅々を、自由自在に操ることが出来るようになる⇒各経百脈の運行を良くする。

頂劲は、単純に表面的な形だけを指しているのではない。内側では意識を覚醒させている。

太極拳は、“身心双修”、“形神兼備”な功夫⇒“用意識引導動作”な運動。
全て心・意による⇒神経中枢の高度な指揮による身体の運行⇒なので、頭脳を最高位=神(一番上に存在するものの比喩)としている。

虚領頂劲と全身放松は大きく関わりあっている⇒虚領頂劲の完成無くして、放松は生まれない。
頂頭懸であれば、身体は~下方へと放松が生じていく~松腰、松股となる⇒尾閭中間(督脈運行のスイッチ)との結合により、立腰(命門=腎(精)が張り出され)となり督脈を通す⇒脊髄が張り出される(弓、龍の出現)=中枢神経系統の活動を高める。

気沈丹田となるには、先ず虚領頂劲でなければならない。
虚領頂劲は、気沈丹田の必須条件。気沈丹田となる=虚領頂劲となっていることを保証。
by takeichi-3 | 2017-07-28 23:59 | 太極拳理論 | Comments(0)